ビジネスバッグの選び方|自分に合った最強のビジネスバッグに出会うために

ビジネスバックと言えば、ブリーフケースが王道ですが、ジャケパンスタイルにはトートバッグも人気。最近では、リュックの需要も高まり、自分に合ったビジネスバッグを選ぶ際にたくさんの情報を整理する必要があります。

また、革靴のカラーに合わせて、バックも使い分けたいところですが、普段から頻繁に中身を入れ替えたりと面倒も生じます。さらには、そのひとつひとつが長く使うものなので、機能性やデザインも好みのものを選ぶことも重要です。

これからビジネスバッグを選ぶ際の最適解が見つかるようご紹介いたします。

目次

自分に合ったビジネスバッグの選び方

自分に合ったデザイン性・機能性・耐久性とどのくらいの期間どういった用途で利用するのか。それぞれの環境によって選び方も変わってきます。

どのくらいの期間利用するのか

何年くらい利用したいのか検討することは、素材を選ぶ上でとても大切な要素。

毎日使うものでも5年程度利用するのであれば、ナイロン素材でも十分ですし、10年スパンで使い続けていきたい場合は、レザー素材で普遍的なシンプルなデザインのものを選ぶといいのではないでしょうか。

目安期間メイン素材
数か月から1年程度何でもOK
2年~3年程度ナイロン・合成皮革など
5年以上レザー(本革)
ナイロン×レザー

また、レザーの種類によって手入れのしやすさも変わってきます。レザーバックを長く手入れをしながら利用する際は、経年変化も楽しめますので、合わせて検討しましょう。

長く使うならレザーバッグ

シンプルなレザービジネスバッグは、革靴との相性もよく、長く愛用することができます。

長い期間愛着を持って使い続けたい方におすすめです。

軽くて丈夫なリモンタ社ナイロン

レザーとの相性も抜群な軽くて丈夫なリモンタ社ナイロン。その特徴を生かして採用されててきたビジネスバッグも人気です。

≫リモンタナ社ナイロンを使ったバッグブランド

利用シーンの想定

通勤のみの利用なのか、出社後の外出まで想定するのか。場合によっては、出張まで想定する、プライベートまでなど、それぞれの利用を希望するシーンが異なります。

また、購入後の後悔で一番多いのが、「この利用シーンで使えるように選べばよかった…」

初めに利用シーンの想定はしっかり検討しておいた方がいいですね。

ビジネスバッグの主な利用シーン
  • 通勤
  • 出社後の外出
  • 1泊程度の出張
  • プライベート

バッグの種類を検討

ブリーフ・トート・リュックそれとも2WAY、3WAYとビジネスバッグの種類も様々。

王道はブリーフケースですが、通勤方法やビジネスファッションのスタイルによって、トートやリュックも検討したいところです。最近は、リモートで顧客や目上の方への訪問など直接会って会話をする機会も減ったこともあり、ビジネスリュックが人気です。

ビジネスバッグの種類

また、シーンに合わせた使い分けもできる2WAY3WAYのビジネスバッグも重宝します。

必要な機能の整理

通勤の際、雨の日も自転車で駅に行く、PCを常に持ち歩くなど、それぞれの事情がことなるでしょう。この機能は、付いててほしかった、逆にこの機能がジャマで使いにくいなどの評価もよく聞きます。

ビジネスバッグの主な機能
  • 防水・撥水
  • 軽量
  • 大容量
  • 薄型
  • PC室
  • 自立可能
  • 2WAY・3WAY

ビジネスバッグに備わる機能面を整理して、自分に合った機能の優先順位をつけて選びましょう。

価値観で選ぶ

ビジネスバッグを選ぶ4つの価値観

とにかく安く済ませたい安さで選ぶ
≫Amazonのビジネスバッグランキング
≫楽天のビジネスバッグランキング
本格仕様でも低価格に抑えたブランドで選ぶ
≫海外の独自の仕入れルートの開拓・製造工場で高いコストパフォーマンスを実現
知る人ぞ知るこだわりブランドで選ぶ
≫日本の巧みな技術と厳選素材で製造しているブランド
誰もが知るスーパーブランドで選ぶ
≫ステータス性が高く、大切に使うことでリセールバリューがいいものも
ルイ・ヴィトンなどブランド通販

WHEIRSOL編集部では、

知る人ぞ知るこだわりブランド
本格仕様で低価格を実現しているブランド

を中心におすすめしています。購入後に満足し、よりビジネスの役にたてていただけると考えているからです。

とにかく安く済ませたい安さで選ぶ

とにかく安く数千円に抑えたい方は、Amazon・楽天などに出品しているものを選ぶことになります。販売サイトさえもコストダウンの対象で、ECショッピングモール内で展開しています。レビューもいいものと悪いものが混在し、わかりにくい為、一種の賭けのような買い物になるのは、注意したい点です。

本格仕様で低価格なブランドで選ぶ

海外の皮革の仕入れ先を独自に開拓し、デザイン・製造から販売まで自社で一貫することで、中間マージンを限りなく減らし、コストパフォーマンスの高いバッグを展開しています。それぞれの国で雇用を生み出し、貢献する企業理念が共感もされやすく、人気の高まっているブランドがいくつか存在します。

知る人ぞ知るこだわりブランドで選ぶ

価格と品質双方のバランスに優れたビジネスバッグは、表立った過大広告を行うことなく、高品質のバッグを取り扱っています。知る人ぞ知るブランドであるゆえ、それぞれのブランドにこだわりを持ったファンがいます。

中には、スーパーブランドの品質も超え、本物志向の方が好むバッグを展開するブランドもあります。

誰もが知るスーパーブランドで選ぶ

ネームバリューが欲しいが選ぶべきビジネスバッグ。ステータス性の高いバッグは、所有欲を満たし、満足感を得られます。

中でもエルメスやヴィトンなどは、リセールバリューも高いものも存在するため、大切に使うことで、価値もある程度保つこともできる可能性も秘めています。

≫ルイ・ヴィトンなどブランド通販

年齢に合わせたブランドで選ぶ

年齢に応じて選択肢を持つことも一つ。年相応といいますが、ビジネスバッグにおいては、伝統的なデザインも多く存在するため、あまりデリケートに気にする必要はありませんが、若い方向けのバッグを年配の方が持っているのは、ビジネスバッグの選択としては、おすすめではありません。

ご自身の年代以上ブランドから検討いただくことで、長く愛用していただくことができます。

20代の方

価格面も考慮しながらも、長く使うことのできるビジネスバッグをおすすめしています。

実際にどのくらいビジネスバッグを重視すべき仕事なのかをつかむまでとりあえず安いのでいいやなんて選んでしまった際は、すぐに壊れてしまったり、素材が思ったよりチープで恥ずかしいなど、余計なお金をかけてしまうこともあるので、そんな心配もなく、コストパフォーマンスの高いブランドをおすすめします。

30代の方

社会的地位もついてきた30代は、本物を選ぶ必要があります。

高級と意味ではなく、安っぽいビジネスバッグでは、利用頻度に問わず、あまりかっこのいいものではありません。レザーバッグなら、本革に。ナイロンならリモンタ社など、コストと品質のバランスの取れたビジネスバッグを一つ持っていたいものです。

40代の方

こだわりも持って、選択をしたい年代です。

ブランドコンセプトや素材のこだわりなど自身の価値観に合ったビジネスバッグを見つけていただくことをおすすめします。こだわって選んだビジネスバッグは、人を引き付ける魅力があり、所有する人の魅力も増します。

50代・60代の方

伝統的なデザインを醸し出す、素材にこだわったブランドをおすすめします。

職人の巧みな技術を使、持つ人の深みを引き出すバッグを展開するブランドは、この年代の方々を満足させてくれるでしょう。

厳選素材から選ぶ

厳選素材の多くは、経年変化を大いに楽しめる、長きに渡って愛用できる品々です。特に今回ご紹介する以下の素材のバッグは、使うほどに艶を増し、世界で一つだけの自分オリジナルのバッグへ変化します。

ブライドルレザーのバッグ

ブライドルレザーの最大の魅力は、ブルームの変化を味わえる事。使い込むほど、少しずつそのブルームが落ち、ツヤへと変化します。

さらに、布などで磨けば表面が整って、ツヤが増し自分だけの表情を楽しめるレザーバッグです。

ブルームとは?
内部の油脂成分、ロウのようなものが白い粉となり表面に浮き出て凝固したもの。

photo:cocomister

コードバンのバッグ

希少性、仕上がりの美しさから「革の宝石」「革のダイヤモンド」と呼ばれるコードバンのバッグは、とれる面積を考えると大変貴重なものと言えます。

シワの入り方が、独特な為、お手入れ次第では、革のヒビ割れもしにくく一生使えるバッグとなります。

photo:cocomister

クロコダイルのバッグ

強度は、牛革の10倍20倍ともいわれる、クロコダイル。

その丈夫さゆえに経年変化もより楽しめ、個体差もわかりやすく出る皮革の為、まさに世界で一つのレザーバッグとなります。

「斑」と呼ばれるのは、いわゆるウロコで、その立体的なデザインは、レザー製品になった際に、高級感やエレガントさを演出してくれます。

また、表面の仕上げにも以下の2つの技法があり、

ツヤを楽しむグレージング仕上げと経年変化を存分に楽しめるマット仕上げがあります。

  • グレージング(シャイニング)仕上げ
  • マット仕上げ

photo:cocomister

≫クロコダイルのビジネスバッグ|おすすめブランド

人気のビジネス用ブリーフケースはどこで買う!?

人気でコスパの高いビジネスバッグを厳選してご紹介していますが、実店舗を持たずにコストダウンを図っているブランドは。ネットでの販売に力を入れていることが多く、Amazonや楽天でもお目にかかれない”いいブランド”はたくさんあります。

それぞれのWEBショップを回遊して、ご自身に合ったビジネスバックを探してみましょう。

昨今では、利用シーンを連想させるインスタグラムの投稿など、各社たくさん掲載投稿されていますので、イメージもしやすく、レザーの質感は、YouTubeなどでも配信しているブランドもあるので、通販でも購入しやすくなっています。

ブリーフケースの主な購入場所
  • 実店舗や百貨店のバックコーナー
  • Amazon、楽天など
  • ブランド公式サイト

実店舗や百貨店

メリットは、何より現物確認をして購入できる事。

質感や使用感、サイズ感など実際に手に取り、触らせてもらうことで、利用シーンに合わせた使い勝手の確認が出来ます。

ブランドによっては、百貨店での取り扱いを一部していますので、商品によっては最寄りのお店で現物確認できるかもしれませんね。

公式サイトでの特典やAmazon楽天でのポイントなどの魅力がある際は、現物確認だけ店舗で行うことも場合によっては必要なことも。

ブランドによっては、コスト削減の一環で、直営店舗を持たずに一部商品をバッグのセレクトショップにのみ展開している場合も多々あります。

各ブランドの公式サイトでは、質感・色味などわかりやすい工夫を凝らしていますので、お気に入りを見つけてから、在庫の確認をして出向くことがおすすめです。

Amazonや楽天

それぞれのポイント利用やカード決済によるポイント付与などお得な購入方法を確立している方におすすめです。

メーカーが直接運営しているショップでの購入は、問題ないのですが、転売ショップでは価格が非常に高く設定されていますので、適正な価格を知るためにも、まずは、公式サイトでチェックしましょう。

ブランド公式ECサイト

公式HPから購入することで、特典が付くことも多くあります。また、プレゼントのラッピングやネーム入れなどのサービスも受けることが利点となります。

中には、オンラインショップ限定の商品というものもあります。

たくさんの商品が知りたいという方は、まずは、公式サイトをチェックしておきましょう。

まとめ

WHEIRSOLでご紹介させていただくランドは、スーツスタイルや革靴、ジャケットに合うビジネスマンにとって使い勝手のいいバッグがそろっています。

長い期間愛用できるバックを展開するブランドばかりですが、機能面でも自分の利用シーンに応じたビジネスバッグを選ぶと、より長く愛用することが出来ます。

特に通勤やビジネスシーンで利用する際は、お手入れが簡単で耐久性が高いレザーバックが重宝します。

自転車で利用する際は、撥水や防水などにも気を付けて選ぶことで、急な雨などにも慌てることなく安心して使うことが出来ますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる