ブリーフケースとは?ビジネスバッグとアタッシュケースとの違いを解説!特徴毎のおすすめのバッグもご紹介

PHOTO:HAYASHIGO

ブリーフケースってどういった用途の鞄?ビジネスマンが持っているイメージがありますが、ビジネスバッグとはなにが違うの?

ブリーフケースの種類やビジネスバッグとの違い、さらにはアタッシュケースとはどう見分ければいいのか。ほとんどのブリーフケースは、ビジネスに使いやすいデザインのものになりますので、ビジネスバッグの代名詞とも言えます。

ビジネスバッグの一種のブリーフケース。
そのブリーフケースの中に、アタッシュケースやダレスバッグなども入ります。

それぞれの違いをご紹介いたしますので、ご自身に合ったブリーフケースを発見してみて下さい。

目次

ブリーフケースとビジネスバッグ、アタッシュケースの違い

ビジネスバッグの中のバッグの種類を表します。

ブリーフケースの中には、アタッシュケースやダレスバッグなどがあり、日本語にすると「書類用鞄」と言われます。

パソコンのファイル同期アプリケーションにもブリーフケースがありますが、2台以上のパソコンを利用する際に、資料を持ち運べる点で同じような意味になります。
※Windows7以降は廃止となっています。

アタッシュケースの特長

PHOTO:HAYASHIGO(林五)

アルミや革で出来た箱型のブリーフケースのこと。

軍事や経済などの専門分野を担当する外交官を「アタッシェ」といい、アタッシェケースとも呼ばれます。大切な機密情報を持ち歩く意味でも堅牢な作りで、機密性の高い作りになっていなければなりません。

PHOTO:HAYASHIGO(林五)

そのため、分厚い革製やアルミなどの耐久性に優れたもので、鍵付きになっているものが多く作られています。

ダレスバッグの特長

PHOTO:HAYASHIGO(林五)

鞄上部の口を金具で閉じるタイプのビジネスバッグ。

士業の弁護士の方や税理士の方に好まれ、書類をたくさん持ち歩くことが出来る鞄です。アメリカのダレス特使が持ち歩いていたことから、日本では「ダレスバッグ」と呼ばれるようになったようです。

PHOTO:HAYASHIGO(林五)

欧米では、医師や弁護士が好んで使うことから、「ドクターズバッグ」や「ロイヤーズバッグ」などと呼ばれています。

製造工程も手作業でなければできない箇所が多い為、高価なバッグの種類のひとつです。

ビジネス用にブリーフケースを選ぶ3つのポイント

  1. 自分が良く持ち歩くサイズの書類が折りたたまずに入る。
  2. 倒れにくいように底に鋲がついている。
  3. パソコンやタブレットも持ち歩けるようクッション材が内蔵されている。

❶書類をおらずに入れられるサイズを選ぶ

特にA4サイズは一番多い書類サイズです。

折りたたまずに入れられる大きさのものが重宝するでしょう。ミニサイズのブリーフケースも登場していますので、B5サイズで十分。

ラウンドファスナーになっているものはさらに出し入れがしやすいポイントです。

PHOTO:HAYASHIGO(林五)

見た目がかわいいものがいいという方以外は、A4サイズの出し入れのしやすさを重視して選びます。

❷自立できるよう底鋲がついているものを選ぶ

ビジネスの場では、鞄を寝かせて置くシーンが多くありません。仮に寝かせて置くことが出来る場所でも寝かせた鞄からゴソゴソものを取り出す姿は、頼りない印象を与えてしまいます。

そのため、できるだけ自立するものを選ぶことで、訪問先での打ち合わせもスムーズにできます。

PHOTO:HAYASHIGO(林五)

A4サイズの書類の出し入れがしやすく、自立させておくことでよりスムーズなコミュニケーションにつながるためとても大切な要素です。

❸パソコンやタブレットを保護するクッション性のあるものを選ぶ

パソコンは持ち歩かないという方以外は、必須要素でしょう。

クッション性のあるもの。PC室の計画がされているもの。現在では、A4サイズの書類がスムーズに入るよりも、持ち歩きたいパソコンサイズが入るかの方が大切な人も多いと思います。

PHOTO:HAYASHIGO(林五)

気に入ったブリーフケースが、特別にPC収納対応でない際は、一緒にインナーバッグを用意することで代用することもできます。

おすすめのブリーフケース

カジュアルで普段使いもOK

防水・撥水機能付きのブリーフケース

2WAY・3WAY

軽い・軽量ブリーフケース

大容量ブリーフケース

ミニブリーフケース

高級レザー・本革ブリーフケース

シンプルなブリーフケース

出張に便利なブリーフケース

アタッシュケース

ダレスバッグ

まとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる